システム製品

 

iDC監視システム

 
概要
 

・負荷電流と温度の測定
分岐回路、本線、コンセントBOXごとの消費電流をリアルタイムに測定することが可能です。また、ラック内の温度も測定可能でデータセンターなど大規模なシステム構成でも適応可能です。


・トリップ事故の未然防止
設定により過電流を検出することが可能となり、突然のトリップ事故防止につながります。


・設備計画の簡素化
ラックごとや分岐回路ごとの使用電流を計測することが可能となり、増設などの設備計画に役立てることができます。


・多様の導入実績
大規模なデータセンターなどに多くの導入実績を持っています。

 
 
構成図
構成図イメージ画像
 
特徴
 

ブラウザーで監視を行えるWebTopシステム

測定データの遷移をトレンドグラフで表示

プレアラームの警告ログ表示

電流使用率(%指定)による検索機能

測定値の自動収集(最大、最小、平均値)

 

    【詳細はこちら

 

画面の例